週刊ゼータクチク

『国粋主義者のための戦争寓話』
ハツビロコウ 『国粋主義者のための戦争寓話』 に、草彅智文と亀山ゆうみが出演します。 草彅は『廃墟』に続き2度目の参加、亀山は初・ハツビロコウです。 2001年『成層圏に棲む鵺』というタイトルで青年座に書き下ろされ、2004年には『国粋主義者のための戦争寓話』としてガジラでも上演された鐘下戯曲を、ハツビロコウ・松本光生が再構成。 「空」への憧れと、「土」への嫌悪 「疲労」と「焦り」と「混乱」 昭和20年8月ー 人里離れた山中の秘匿基地で 極限状態の彼らが見たものは… 現実か幻覚か、実話か神話かー 鐘下戯曲ならではの張り詰める緊張感と、鐘下戯曲には珍しい?かも知れない幻想感。 是非、目撃、いや、体感して下さい。
>> 続きを読む